ほくろ除去でコンプレックス解消【ピンポイントでのアプローチ】

ほくろ除去でコンプレックス解消【ピンポイントでのアプローチ】

気になる部分のケア

顔に触れる女性

美容整形外科でほくろの切除を受けることができるようになっています。仕上がりもかなりきれいなので安心をして任せることができるようになっているので、理想的な状態を手に入れることができるようになっています。

詳しく見る

電気メスを使う方法に注目

医者

病気が疑われるほくろは、皮膚科で専門医に調べてもらう事が必要ですし、通常のほくろでも見た目がコンプレックスに感じる場合は、美容整形外科でホクロ除去を行う事ができます。再治療が必要になった時に、保障制度が用意されていると費用面でも安心です。

詳しく見る

悩みの種をなくすために

診察

美容整形外科で行っている炭酸ガスレーザー治療は、出血がないことや低刺激でほくろを除去できるメリットがあります。また、ほくろがあることでストレスを抱えている方は、美容整形外科で施術を受けるとこれから生きやすくなるでしょう。

詳しく見る

ベストな方法を模索

女医

ほくろの除去を考えているのであれば、美容整形外科を利用してみるとよいでしょう。施術方法もいくつかあるので、どの方法がベストなのかということも調べておくとよいかもしれません。自分に合う施術方法を見つけることが必要です。

詳しく見る

綺麗に除去する為に

看護師

美容整形外科を利用すると審美面を重視した治療を受けられますが、その際は必ず予約をしてから受診するようにします。ほくろ自体はその状態によっても除去方法が違っており、さらにその状態をしっかりと把握するための検査も受けられます。

詳しく見る

満足する治療を受ける

看護師

方針や予算から検討

どうしても取りたいほくろの治療には、どんな治療法があるのか、美容整形外科によって様々に提案されています。実績でクリニックを選ぶのは最もなことですが、質の高い医療を実践し、信頼でき、患者の立場で考える医師の携わりも大事です。クリニックの方針も基準になるので、公開されるホームページなどをチェックするのも良い方法です。医療に携わる者として、最善を尽くしてくれることも、クリニックを選ぶ患者側には重要とも言えます。ほくろの治療や検査など、医療行為には理解と合意は絶対で、インフォームドコンセントを推進していることもポイントになります。セカンドオピニオンを求める権利はありますが、選ぶ基準が曖昧になるならば、かかりつけ医に相談をし、紹介状を書いてもらうことも一法です。と言うのも、クリニックは、くり抜き法や切開術の他にも、最新機器を使ったほくろの除去方法を導入しています。専門外となる医師からの評判も良いクリニックであれば、膨大な情報に惑わされて迷うより、安心できます。ただ、皮膚科でならば保険が適用される場合が多いですが、美容整形外科だと保険治療は難しいので、そうした費用までも話しておくことも大事です。ほくろの大きさによりますが、大抵の美容整形外科では、炭酸ガスレーザーでの治療を提案します。理由は、跡になりにくいことや切開とは違って恐怖感が少ないからです。施術費用は皮膚科と違い、保険適用外ですが、ピンポイントでのアプローチ法となるので、高額治療になりにくいと評判です。大半のクリニックでは、1mmあたり1万円が相場で、切除法となれば、1?あたり3万から4万円台が相場です。レーザー治療の場合には、数回に分けての治療があると考えられるので、その回数だけ加算されます。ですが、周囲の皮膚組織を傷つけないメリット、メスによる手術に比べると傷も浅く、出血量も少ないメリットもあります。痛みは個人差があり、強くはありませんが、気になる人には麻酔を使う場合もあります。麻酔も、局部麻酔もあれば、静脈麻酔もあって、麻酔科医が担当するため、技術料も加算され、種類によっても費用がかかります。切開では抜糸もあるので、そうした諸経費も必要ですが、中には無料とするところもあります。美容整形外科では、小鼻の脇にあるような目立つほくろ、眉にかかるなど、日常生活に支障が出るケースでは保険が利く場合があります。こうした面も踏まえて、事前に相談することは大事です。